ファイナンシャルプランナーに相談するときの流れを知る

お金の相談.net

ファイナンシャルプランナーに相談する

東京や大きな都市はもちろん、全国各地にファイナンシャルプランナーはいます。生活費のやりくりの相談や、年代に合わせて考えたいお金のこと、資産の運用など身近なお金の疑問があるというときはファイナンシャルプランナーに頼ってみるといいでしょう。そのときにどのような流れで相談をお願いするのかを知りましょう。

相談するときの流れ

相談

相談する前に行うことを把握しよう

東京や大きな都市でファイナンシャルプランナーに相談したいというときはまず相談の前に準備を行いましょう。準備の手順は以下の通りです。
・ファイナンシャルプランナーを探す
・相談の申し込みを行う
・質問する内容をまとめて、必要な物を揃える
最初にホームページやネットで自分の相談内容に合ったファイナンシャルプランナーを探します。次に、電話やメールで申し込みを行いましょう。この時に、料金の質問や面談をする日時の決定を行います。料金形態についてもしっかり聞いておきましょう。最後に、どういった目標や悩みがあって相談をするのかまとめておきます。時間で料金を設定していることもあるので、聞き忘れがないように気をつけましょう。また、通帳や家計簿、保険証券など相談のときに必要なものも準備しましょう。

相談のときの流れ

実際にファイナンシャルプランナーと対面して相談内容を話し合います。当日どのような流れで話が進むのか、1つの例をみてみましょう。
・まずは夢や希望の確認
・現在の状態を把握する
・現状を踏まえた上での評価や分析
・今後に向けてのプランニング
・プラン実行に必要な支援
話の最初に夢や希望、目標の確認を行い具体的にどうしたいのかを固めます。続いて、今現在の家族構成や収支、保険などに関することを確認すると良いでしょう。それを元にファイナンシャルプランナーが、無駄な部分やこのままで達成が可能かどうか評価してくれます。次に、保険の見直しや収支の見直しなど改善点や目標達成までの具体策を決めていきます。そして、最後に、その改善や対策のために必要な手続きの手伝いやアドバイスを行ってくれるでしょう。

相談した後も定期的な見直しは必要です

ファイナンシャルプランナーとの相談で理想の生活や夢の実現の計画を立てたら、実行するだけで終わりではありません。生きていくなかでイレギュラーなことはたくさんあります。結婚や出産、転勤や家族の介護など、計画のときに想定していなかった出来事が起こったときは、プランの練り直しが必要となるのです。

広告募集中